栄養がたっぷりのもつ鍋

###Site Name###

もつ鍋は、主に牛や豚のもつを材料にした鍋料理です。

もつとは、小腸や大腸などの内臓で、ホルモンと呼ばれることも多いです。


もつ鍋は、博多が有名です。

もつ鍋は、栄養価が高いもつと野菜の両方を食べることができるので、とても人気があります。
小腸と大腸には、それぞれ特徴があります。

小腸は、表面が滑らかです。



そして、焼くとぷりぷりしています。大腸と比べると肉厚です。

大腸は、長方形に切られて提供されることが多いです。

もつには、コラーゲンや必須アミノ酸が豊富に含まれています。

また、もつ鍋に入れるニラやキャベツも栄養価が高いです。

コラーゲンは、アミノ酸やビタミン、ミネラルと一緒に取ることで、効果が高まります。

もつ鍋は無限の可能性に満ちあふれています。

ですから、肉と野菜を一緒に取ることができる鍋料理は、コラーゲン不足に悩む女性に人気があります。
もつなべには、健康に良いニンニクや鷹の爪も使われます。

ニンニクには、ビタミンB6などのビタミンB群、ビタミンC、ミネラル、アミノ酸などがバランス良く含まれています。
ニンニクの効果として有名なのが、滋養強壮効果と疲労回復効果です。

アリシンがビタミンB1と結合することでアリチアミンができます。


アリチアミンは、エネルギー代謝を向上させるので、スタミナ増強効果も期待できます。

鷹の爪に含まれるカプサイシンには、体脂肪の分解を促進させる働きがあります。

また、カプサイシンは中枢神経を刺激してホルモンの分泌を活発にさせるので、エネルギー代謝も盛んになります。

エキサイトニュースについて分かりやすくまとめてあります。