• 脱毛サロンでのクーリングオフ期間には例外がある

    脱毛サロンで施術を受けるにあたって結んだ契約は、書面を受け取った日から8日以内であれば、クーリングオフを適用していつでも自由に契約を解除することができ、既に代金を支払ってしまった場合は全額返金してもらえるというのが原則です。


    しかし、ケースによっては、例外としてこのクーリングオフ期間が適用されないことがあります。
    例えば、特定商取引法では、契約時には契約内容を記載した書面とともにクーリングオフが可能である旨を示した書面を交付する義務があり、まともに営業している脱毛サロンであればどこでも契約をすると書面が交付されます。

    しかし、仮に脱毛サロンから契約書面が交付されなかった場合は、法律で定めるクーリングオフの期間が始まっていないことと、そもそも法律に違反する行為にあたることを理由として、交付を受けるまでの間もいつでもクーリングオフを適用することができます。
    また、契約書の交付自体はきちんと行われたとしても、法令で規定されている内容が盛り込まれていない場合は、契約内容やクーリングオフに関する告知が不十分であるとみなせることから、規定に沿った形の書面が交付されるまではいつでもクーリングオフを適用して契約を解除することができると考えられています。
    脱毛サロンで施術を受ける人は、契約書を受け取ったら、すぐにバッグにしまわずにその場で書面を読むか、帰宅後にじっくり書面に目を通すようにすべきであるのは、このようなケースに遭遇する可能性があるためです。